ブランディングコンサルティング実績

弊社ブランド&PRチームで手がけたコンサルティング実績の一部をご紹介いたします。各業種名をクリックすると、コンサルティング内容が表示されます。
さらに具体的な成功事例の詳細ページも用意いたしました。
是非ご覧下さい。
メーカー・卸売業
服飾雑貨メーカー
プロジェクトの目的
“ものづくりから、消費者に感動していただける企画提案まで、○○のことなら何でも任せられる”企業づくりを志向していた。
コンサルティング内容
ブランドコンセプト策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2010年
フィットネス機器メーカー
プロジェクトの目的
今後の永続的成長を実現するためには世の中に認知させるブランディングの必要性があった。同社らしさを社員一人一人が意識し、同社らしい商品を作り上げ、同社らしいお客様を創り出すことが必要だった。
コンサルティング内容
ブランドコンセプト策定、ブランディングツール策定、マーケティング戦略策定、プロモーション戦略策定、イベント開催
時期
2010年
メンズアパレルメーカー
プロジェクトの目的
2015年に売上目標10億円を達成。企業が存続するために適切な収益体質を持つことをブランディングの狙いとする。
コンサルティング内容
ブランドコンセプト策定、MD戦略・チャネル戦略・プロモーション戦略・ウェブ戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2009年
宝飾品メーカー
プロジェクトの目的
同社の新商品ブランド開発においてターゲット、商品企画、販売方法など含めて総合的にゼロからつくりあげることが求められていた。
コンサルティング内容
市場調査、顧客動向調査、ブランドコンセプト策定、ターゲッティング戦略、MD戦略策定、プロモーション戦略策定、イベント実施
時期
2008年~
ハウスメーカー
プロジェクトの目的
同社はこれからの競争環境の激化と顧客の変化の速さに社長自身が危機感を強め、企業としてのブランドづくりに早期に着手する必要があった。
コンサルティング内容
企業ビジョン策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定、CI戦略策定、各種ツール作成
時期
2008年~
医薬品メーカー
プロジェクトの目的
日本から海外への展開を求められていた同社。同社の看板ブランドの中国展開ストーリー策定の必要性に迫られていた。
コンサルティング内容
中国市場調査(生活者、企業、流通実態など)、中国企業調査、中国での同ブランド展開の可能性調査、販売戦略ストーリー策定など
時期
2006~2007年
家電メーカー
プロジェクトの目的
同社のブランドYを拡販するための商品ブランド戦略の再構築の必要性があった。
コンサルティング内容
同商品の数値分析、コンセプト再設定、チャネル戦略策定、販売戦略の策定
時期
2000~2007年
アパレルSPA企業A社
プロジェクトの目的
世界展開をめざすA社の持つ複数のブランドのポジショニング整理と共に、新規ブランド開発の可能性を診断。
コンサルティング内容
市場調査、顧客動向調査、競合調査、SWOT分析、企業ブランドコンセプト策定、ブランド別MD戦略策定
時期
2005年~
アパレルSPA企業B社
プロジェクトの目的
同社初のアメリカ出店のために新ブランドを開発する必要性があった。
コンサルティング内容
アメリカ市場調査、アメリカの顧客動向分析、出店立地の商圏調査、店舗MDコンセプト策定、CI、ロゴデザイン、店舗レイアウト、イメージ策定
時期
2004年
詳細
総合アパレルメーカー
プロジェクトの目的
市場環境の変化を受けて新たなブランド開発の必要性に迫られていた。同社の郊外型SC向け新規ブランド開発に着手する必要があった。
コンサルティング内容
市場調査、顧客動向調査、競合調査、ブランドコンセプト策定、店舗MD戦略策定、店舗レイアウト、オープンスケジュールの提案
時期
2004年
レディスアパレルメーカー
プロジェクトの目的
同社の展開するXブランドを全国展開するためのチャネル戦略の策定をし、売上アップをめざす。
コンサルティング内容
同ブランドの現状診断、ブランドコンセプト策定、店舗MD戦略策定
時期
2003年
外資系アパレルメーカー
プロジェクトの目的
某外資系アパレルメーカーが日本に初めて進出する際の日本市場の分析と成功するパターンの提案。
コンサルティング内容
日本市場分析、商圏分析、顧客動向調査、ブランドコンセプト設計、数値計画策定、出店イメージの確定、MD戦略策定
時期
2002年
総合商社
プロジェクトの目的
同社の展開する某ブランドの総合診断業務。
コンサルティング内容
日本市場でのブランド展開の実態調査、数値分析、店舗分析、SWOT分析、今後のブランド展開戦略ストーリー策定
時期
2002年
玩具製造メーカー
プロジェクトの目的
地方の玩具製造企業が全国展開にあたって何をしていけばいいのか総合的な戦略が求められていた。
コンサルティング内容
ターゲット戦略策定、商品戦略策定、プロモーション戦略策定、チャネル戦略策定
時期
2000年
菓子製造卸売企業
プロジェクトの目的
地方の菓子製造企業が企業ブランドづくりを進めるための具体的な戦略が求められていた。
コンサルティング内容
同社の経営総合診断、新ブランド開発、事業展開スケジュール、具体的展開プラン策定
時期
1998年
総合卸売企業
プロジェクトの目的
同社のあるサービスを軸にした小売業に対しての提案書作成、同サービスにおける差別化内容の検討。
コンサルティング内容
同社の経営総合診断、新ブランド開発、事業展開スケジュール、具体的展開プラン策定
時期
1997年
化粧品メーカー
プロジェクトの目的
同社のブランドZを拡販するための新しい企画、売り方を検討し、顧客開発する必要があった。
コンサルティング内容
同ブランドコンセプト再設定、ブランド戦略策定、顧客獲得のための販売計画立案
時期
1997年
小売業
婦人服小売業
プロジェクトの目的
2014年に売上目標3億円を達成し、企業が存続するために適切な収益体質を作る。
コンサルティング内容
企業ビジョン策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2009年~
GMS
プロジェクトの目的
新ブランド開発がなければ先に進まないとトップが危機感を感じ、ブランド戦略策定に着手。
コンサルティング内容
新ターゲット戦略の策定、マーケティングプラン策定、店舗規模別MDプランの策定
時期
2001年、2009年
調剤・ドラッグ医薬品関連専門店
プロジェクトの目的
中期的な未来を見据えた企業ブランド戦略の策定がなければ生き残れないと感じていた。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2005年~
都心型SM(スーパーマーケット)
プロジェクトの目的
企業の将来性を考えた際に企業ブランド戦略の策定が必須と考えた。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定、CI戦略策定
時期
2005年
地方GMS
プロジェクトの目的
企業全体の戦略再設定。店舗別には閉鎖も検討しながら、全体業績向上のプランを検討していた。
コンサルティング内容
市場環境分析、全店舗分析、企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、数値計画策定
時期
2003年
家電量販店
プロジェクトの目的
同社の旗艦店舗をまったく新しいブランドコンセプトに切り替えオープンさせていくことが必要だった。
コンサルティング内容
商圏調査、同社店舗別数値分析、モデルフォーマット提案、プロモーション提案、パース提案
時期
2003年
郊外型専門店小売業
プロジェクトの目的
同社の展開するブランドのブランド価値をどのように向上させていくのかが検討課題だった。
コンサルティング内容
郊外にて展開する同社のブランド別実態把握とブランド別戦略策定、プロモーション戦略策定
時期
2002年~
紳士服小売業
プロジェクトの目的
同社のブランド力強化のためには何をすべきか。店舗数が多いだけにその優先順位付けからスタートし、具体的な戦略への落とし込みを実施。
コンサルティング内容
企業戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定、具体的なブランド戦略の策定
時期
2002年
百貨店
プロジェクトの目的
百貨店として日本でNo.1になるための全体戦略の策定を進める必要があった。
コンサルティング内容
同社の全社レベルでの事業戦略立案、営業戦略立案、部門別MD戦略立案、仕組みの開発など。他多数テーマにて実施
時期
2000年~
詳細
紳士服SPA企業
プロジェクトの目的
同社のブランドロイヤルティ維持のため、全店のサービスレベルを一定以上に引き上げる必要があった。
コンサルティング内容
企業の総点検、企業ビジョン策定、数値計画策定、ブランド戦略策定、プロモーション戦略策定、販促計画、販促内容策定
時期
1999年~
子供服小売業
プロジェクトの目的
地方にて子供服を多店舗展開する企業が5年後の企業戦略に悩んでいた。
コンサルティング内容
企業の総点検、企業ビジョン策定、数値計画策定、ブランド戦略策定
時期
1997年
サービス業
ホテル・旅館業
プロジェクトの目的
売上目標〇〇億円、経常利益〇億円を達成し、お客様が溢れかえるホテルをつくる。そして、企業が存続するために適切な収益体質を持つことをブランディングの狙いとする。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2009年~
飲食関連企業A社
プロジェクトの目的
給食事業を手がける同社はさらなるシェア拡大を目指して企業ブランドを一新する必要があった。継続的な成長を実現させるためにどのようなブランドを作っていけばいいのか。企業ブランド戦略とコミュニケーション戦略を策定する。
コンサルティング内容
企業ブランドコンセプトの確立、ブランドコミュニケーション戦略策定、SP戦略・PR戦略策定、社内コミュニケーション戦略策定
時期
2009年~
ブライダル関連企業
プロジェクトの目的
ブライダル市場の低迷を受けて同ブランドの見直しと活性化を検討する必要があった。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2007年
飲食関連企業B社
プロジェクトの目的
地方の老舗飲食店のブランド化に向けて店舗からの発信情報の整理と具体的なプロモーションを検討する必要があった。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、プロモーション戦略の策定、WEB戦略の策定
時期
2005年
詳細
IT関連企業
プロジェクトの目的
PC関連サービスでまったく新しいサービス内容を企画して世の中にだしたいというトップの要望があった。
コンサルティング内容
企業ブランド戦略策定、マーケティング戦略策定、マネジメント戦略策定
時期
2000年
旅行会社
プロジェクトの目的
同社の子会社である旅行関連商品小売店の全体戦略を策定する必要があった。
コンサルティング内容
全体総点検、企業ブランド戦略策定、同社売場展開、売場パターン分析
時期
1994年

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ