メールマガジンバックナンバー

【ブラメVol.100】「2020年を見据えたブランド戦略(2)」

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■
■■■2015年02月13日
■■永続企業になるための
■ブランディングメールマガジン [Vol.100]
■~BRANDING NAVI(ブランディングナビ)~
■■サイトURL:http://www.brandingnavi.com/
■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━BRANDING NAVI━■■

船井総研 ブランド&PRチームがお届けする
メルマガ【永続企業になるためのブランディングメールマガジン】です。
隔週1回、企業ブランディングに関する情報をお届けいたします。

【コラム】「2020年を見据えたブランド戦略(2)」(岩崎剛幸)
いつもお世話になっております。
ブランディングナビ主幹の岩崎剛幸と申します。

いよいよ2月26日のブランディングセミナーが近づいてきました。
もともとは五反田で開催予定でしたが、東京の丸の内の東京本社に場所が変更になりました。ご参加の方はお間違いのないようにお願いいたします。

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/515011.html
(こちらのサイトはまだ場所が五反田になっているかもしれませんが、丸の内オフィスに変更になっていますのでよろしくお願いします)
さて、前回、ブランディングの内容が変わってきた、なにかおもしろい!!という取り組みがないとお客様も喜ばない時代になってきたという話をさせていただきました。白ハト食品工業様の取り組みは、まさに今の時代のブランディングにふさわしい取り組みです。それは、「社内SNSの仕組みを使って、社内コミュニケーションを活発化させて、会社のブランド力を社内から強くしていこう」という取り組みだからです。
同社は全国に工場がわかれていますし、店舗も全国に展開されています。従業員は1200名以上。この全員と毎日毎日連絡をとり、コミュニケーションすることはまず不可能です。従業員同士が顔をあわせたことがない ということも当然ながらあります。このままでは知らない人同士が仕事をし続けることになる。これでは正しいブランドは作れないし、白ハトらしさを発揮することはできない。そのように危機感を感じた永尾俊一社長は社内で新しいコミュニケーションを始めることにしました。

名づけて「ありがとうファーム」。

内容は非常にシンプルです。社内で誰かに何かをしてもらったら「ありがとう」と伝えようという内容です。「そんなこと普通ですよね」と言われそうですが、いつでもどこでも、会ったことがない方にも気軽にありがとうと伝え合うようにしたい!!というのが永尾社長の狙いでした。

もちろん直接、ありがとうと言ったほうがいいに決まっている。でも言い忘れたり、わざわざ電話をかけて言うほどでもなかったり、昔言い忘れていたり、そんな場合にもありがとうと言い合えるようにしたい。そして、もし何か失敗してしまったり、ちょっとした迷惑をかけたりしたときには、「ごめんなさい」と誤れるようになりたい。それを社内SNSの仕組みにしたのです。

いつでも誰でもどこでも「ありがとう」「ごめんなさい」を言い合えるような仕組み。これが「ありがとうファーム」です。同社はこの仕組みを導入し、結果的に、毎月1万件以上のやりとりをするようになり、会社のコミュニケーションを活性化させました。その驚くべき効果についてはセミナーでお伝えすることになります。

このように、ブランドをつくるというのは外に向けてアピールするようなことだけではありません。中で働く人たちが自分たちのブランドや会社を見つめなおし、価値を作り上げていくこともブランドづくりには重要な取り組みです。ブランド作りの本質でもあるインナーブランディングについてもご理解いただけるのではないかと思います。

ではブランド作りの向かう方向性とはどんなものでしょうか。(次回に続く)

【セミナー案内】
「ブランド戦略で未来を変えるセミナー」2月26日 丸の内にて開催!!
http://www.funaisoken.co.jp/seminar/515011.html
(こちらのサイトはまだ場所が五反田になっているかもしれませんが、丸の内オフィスに変更になっていますのでよろしくお願いします)
人気のコンサルティングレポート
■ 著者プロフィール
岩崎 剛幸(いわさき たけゆき)
船井総合研究所 ブランド&PRチーム 上席コンサルタント
「組織は戦略に従う。戦略は思い(情熱)に従う」というコンサルティング信条のもと、出会うすべてのお客様に対して、情熱を込めたコンサルティングを行う。コンサルティングテーマは、「永続性を実現させるブランド戦略」。アパレル業界を専門領域として、アパレルメーカーの戦略立案、新業態開発を得意とし、SPA専門店、百貨店、GMS、品揃え型専門店にいたるまで川上から川下までのコンサルティングを実施している。現在はアパレル企業のブランド戦略づくりに特に力を入れている。立教大学兼任講師。
新商品の認知度を高めたいのですが、どうすれば良いですか?
日本での知名度を高めるためには、どういったプロモーションが必要ですか?
自社のあり方に悩んでいます。どのような経営指針を立てれば良いでしょうか?
これからの自社のビジョンについて相談したい。
うちの会社を有名にしたいのですが、どうすれば良いですか?

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ