• トップ
  • THE 対談

THE 対談

岩崎 剛幸 × 株式会社渓水 代表取締役 菅野 敬一 様 VOL.2

 
岩崎;
菅野社長のところでAERO CONCEPTの名刺入れを購入してからというもの、この名刺入れを見るたびに、かっこいいなーと何度も何度も見入っています。
そして見るたびに、なんでこうした商品を作ったのか。このデザインを考えるにいたった背景をどうしても知りたくなりました。単なるデザインの秀逸さだけではないものが背景にあるのではないか。今日はそんなことを菅野社長に伺いたいと思っています。さて、菅野社長が渓水という会社を経営するに至った経緯を教えてください。
菅野社長;
実はあたしの会社は親父の興した会社が前身なのです。今から16年~17年前に取引先のある会社がおかしくなって、それに伴ってうちの会社も倒産したんです。悪いことやっていないのに、犯罪者扱いされて、もう死ぬしかないと思っていた。
でも当時から飛行機関係の部品を作っていたもので、飛行機関係はお前のところしかできないから続けてくれ、と言われてここまで続けてきたんですよ。当時は麻布に工場もあったんですけど、麻布の工場などは全部取られた。夜逃げみたいな形でそこから逃げ出してきました。だからまったくうまくいっていたわけではなかったんです。
岩崎;
当時から飛行機関係の部品を作っていたのですか。
菅野社長;
既にそのころはあたしが代表として会社をやっていました。しかし会社がなくなり、麻布の土地もなくなり、結果として鳩ヶ谷に引っ越すことになったのです。その頃から業務としては飛行機のシートの肘掛、レッグ・レストなど飛行機のシートの部品製造をメインとしていました。
岩崎;
それを作る会社って他にもありますか?
菅野社長;
もちろんあります。うちなんかは一番小さいほうです。でも小さい町工場は、一度気に入られると専属みたいになるんですよ。こっちも客先が多いよりは専属で取り組んだほうが楽だし、設計も組みやすい。本当は取引先は分散した方が経営上はリスクが低くていいのですが、それがなかなかできないのです。
急場しのぎでこっち(鳩ヶ谷)に移ってきたんですが、それまでもいろんなものは作ってきて、自分の好きなものをコツコツ作ったほうがいかなと思ったわけです。
 
その中で生まれたのがAERO CONCEPT(エアロコンセプト)。当時は自分が使うものとして作ってきました。今も基本は変わっていません。私が作りたいものを作る、という信念です。
岩崎;
本業ではご苦労も多いと思うのですが。
 
菅野社長;
下請けは本当につらくて、倒産した後はあと30年生きていられればそれでいいと思っていました。だから今もそのつもりで、あと13年生きられればという気持ちでやっています。例えば、あたしなんかは、あと13年で72歳とかになるわけです。求められてもその頃は使い物にならないと思うんです。
寿命を延ばしても80何歳とかそんなもの。であれば、フルで働けるうちにやるだけ。自分の好きなものを世の中にどれだけ残していけるかが楽しみで仕方がないんです。「これでどれだけ売れるかな?」ということは一切考えないようにしています。生身の人間は商売に色気が出るものです。だから、そうならないように努力しています。
例えば、都内の有名百貨店にAERO CONCEPTの鞄が並んでいるとします。するとバイヤーは「もう少し鞄の在庫量を厚くしてくれ」とか言うわけです。でもあたしは絶対にしない(笑)。
今日、あなたのためにだけ、という気持ちで作っているんです。一つ一つ。便利さだけで言ったら鞄にショルダーをつけてほしいとか言われます。でもショルダーはつけません。コロ(ローラー)もつけません。最近の旅行鞄は何でもついています。なんでつけないんですか?とか言われると、「だったらそっちを売ってくれよ」と言いたくなります。
でも考えてください。世界の文化遺産の街に、コロでごろごろ引っ張って歩くのは失礼だしかっこ悪いと思いませんか?人は勝手で、豪華なフリはしたいけど、便利にとかも言うわけです。
でも何でも便利にではおもしろくない。男は「我慢する」のが一番かっこいいと思うわけです。「潔(いさぎい)い」のもかっこいい。男はやさしく、親切で、思いやりがあったほうがいいのです。なんでもかんでも効率的に、というのはかっこ悪いと気づいたほうがいいですね。
Vol.3につづく)
当サイトでは、専門コンサルタントが語るブランディング成功事例をおりまぜたコンサルティングレポートを配信しております。貴社のブランド創りに是非お役立てください。
最新ブランディングコンサルティングレポートはコチラ(会員専用)
過去3ヶ月以前のブランディングコンサルティングレポート(公開コンテンツ)
無料会員登録はコチラ
岩崎剛幸プロフィール
船井総合研究所
ブランド&PRチーム 上席コンサルタント
岩崎 剛幸
平成3年4月株式会社船井総合研究所 入社。
■ コンサルティングポリシー
 「戦略は情熱(思い)に従う」
■ 主なコンサルティング領域
 ・ブランド&PR戦略コンサルティング
 ・百貨店、専門店など流通小売業の企業戦略策定支援
 ・メーカー、小売業、サービス業のマーケティング戦略策定支援
 ・ベンチャー企業の成長戦略策定支援(M&A、IPO)等
人気のコンサルティングレポート

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ