ブランディング定点・定物観測

書籍広告より読み解く“ビジネスパーソンが求めていること” 2010年4月

新聞の第1面から3面くらい、多い時では5面くらいまでは、ほぼ書籍や雑誌の広告が出る、ということは、毎朝新聞を読んでいるビジネスパーソンはお気付きかと思います。これらの広告は当然ながら出版社が「売りたい本」のために広告を出しているのですが、それはニーズがあるから、ということも逆に言えるはずです。

よくある書籍のランキングでは、売り場にも左右されてしまいますし、それらは個々の書籍のランキングになってしまいます。したがって、もう少し大きなくくりで見て、今ビジネスマンが求めていることはなんだろうか、ということを知りたいと思いました。

そこで、日経新聞に掲載された書籍の広告で、各ジャンルの内容によるくくりで掲載回数を集計し、今ビジネスマンが求めていることを定点観測していきます。

なお、ビジネスから離れた書籍や雑誌は集計結果に含まれません。

2010 年4月の集計結果は以下の通りです。

日経新聞に掲載された書籍の広告で、各ジャンルの内容によるくくりで掲載回数を集計し、今ビジネスマンが求めていること2010年4月

いかがでしょうか。
今月10回を超えた内容は、ビジネスのジャンルでは、経営戦略、コミュニケーション、偉人・社長、グローバル経済で、人生のジャンルでは、成功する方法です。

まず、ビジネスについてですが、経営戦略は毎月新刊の出版が多いですね。やはり、ビジネス書としては、いかにこの不況期を生き抜くか、ということを多くのビジネスパーソンが学びたいと思っているのだと思われます。

したがって、経営戦略に関する書籍のニーズがあるわけですが、ただ、実際に実行している人はどれくらいいるのでしょうか?星野リゾートの星野社長が、成功の理由として、「教科書通りにやっているから」と言っています。教科書どおりに実施する人は、おそらくそれほどいないのではないでしょうか?もちろん、意思決定する立場にない人も読者としては多いと思いますが、やはり、本を読むことが目的になるのではなく、実行することが大切なのだと思います。

コミュニケーションも相変わらず人気のテーマです。強い組織を作る上でも、コミュニケーションは非常に大切なものです。今、会社ではメール文化がかなり根付いていると思います。

隣の人にもメール、みたいな会社もあると聞きます。それが良いのか悪いのかは別として、やはり、声だけ、文字だけのコミュニケーションよりも、目の前でコミュニケーションする方が正確です。そして深い議論もできます。信頼関係もできますよね。コミュニケーションはスキルです。だから、実践がないとできなくなります。コミュニケーションの大切さは誰も知るところですが、話し方の本が多いということは、やはりちゃんとできない人もまた多い、ということなのかもしれません

偉人・社長については、やはり空前のドラッカーブームも一つの要因であります。『もし高校野球のマネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海著,ダイヤモンド)から改めて火がついたドラッカーブームはまだまだ衰えず、元々の本である『マネジメント』が改めて売れているようです。P.Fドラッカーについてはファンも多く、ドラッカーの言葉に勇気付けられたビジネスパーソンも多いはずです。

そして、グローバル経済ですが、先日もギリシャ問題が引き金になって、アメリカの株価が下がりました。円が一気に80円台に突入して、また90円台に戻りましたが、結局、日本の経済だけを気にしていても仕方ないのです。グローバルに常に経済を見ていないと、予測もできません。だからこそ、グローバル経済を把握するためにも、ビジネスパーソンが求めるところなのでしょう。

そして、人生に関する書籍では、今回は成功する方法に関する書籍が多かったですね。成功というのは、それぞれの価値観によって異なるはずですが、時代が不安定だからこそ、成功とは何か、ということも含めて知りたいということもあるはずです。

今回、気になった種類の書籍として、「Twitter」の書籍がいかに多いか、ということです。書籍だけに限らず、雑誌の記事でも、非常に多い話題でした。ソフトバンクの孫社長もかなり力を入れていますね。

弊社でも、多くのコンサルタントがつぶやいています。
「Twitter」がここまで騒がれているとなると、まずはやってみる!ということも重要だと思います。新しいものはまずやってみる、これが重要なのです。そうしないと、ただただついていけないだけになってしまいます

もし、よくわからなかったら、書籍を手にとるのも良いでしょう。本当に多くの書籍が出ています。

後、個人的にタイトルが気になったのが、「残念な思考法」です。あるお笑い芸人が、自分の兄のことを「残念な兄」と呼んでいますが、最近「残念」という言葉がよく使われています。一見、思考法、などというと難しそうですが、残念な思考法って書かれていると、どういう思考法なのだろう、ってかなり気になります。気をつけたいと思います。
当サイト、ブランディングナビでは、企業ブランド創りのヒントとなるコンサルティングレポートの発信を行なっております。コンサルティングレポートは、会員のみ閲覧可能です(会員登録は無料)。
また、無料会員登録いただくと、コンサルティングレポートの閲覧の他、初回無料の企業ブランディング相談・週1回配信の無料メールマガジンを配信の特典もございます。
この機会に、無料会員登録して、最新のブランド創りの情報をゲットしませんか?
人気のコンサルティングレポート
新商品の認知度を高めたいのですが、どうすれば良いですか?
日本での知名度を高めるためには、どういったプロモーションが必要ですか?
自社のあり方に悩んでいます。どのような経営指針を立てれば良いでしょうか?
これからの自社のビジョンについて相談したい。
うちの会社を有名にしたいのですが、どうすれば良いですか?

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら