過去のブランディングコンサルティングレポート

2011年03月11日 ブランド戦略会議ではうまくはいかない 皆様の会社のミッション、存在意義、自社らしさ、自社の個性って一体何でしょうか。端的に言える「うちと言えば○○」というものがありますでしょうか。 それを作ることが何より必要だと感じている企業様は……

続きを見る

2011年03月01日 購買サイクルマーケティング その2 (前回「購買サイクルマーケティング その1」の続き)売り手側は取扱商品の年代が上(高齢)のブランドを取り扱っていると、買い手側の購入サイクルが面倒になるものです。「そんなに早く早くと急がなくて……

続きを見る

2011年02月28日 懐かしの「キンケシ」「ビックリマン」が大人気に!企業が続々発売する“復刻版”がいま熱いワケ(後編) (前編の続き)2.バブルへのノスタルジー 最近発売されている商品は、日本が高度成長期、もしくはバブルに浮かれていた時代に発売されていたものが多いのも特徴です。 「バブルの頃は良かった!」と昔を……

続きを見る

2011年02月28日 懐かしの「キンケシ」「ビックリマン」が大人気に!企業が続々発売する“復刻版”がいま熱いワケ(前編) 先日、あるニュース番組の取材で「復刻版」について話をする機会がありました。 最近、創業当時のラベルや形、味、内容を再現した「復刻版商品」をよく目にします。なぜこれほど復刻版が世の中にでてきたの……

続きを見る

2011年02月25日 人材をキーワードにブランディングをしている企業-2 (前回「人材をキーワードにブランディングをしている企業-1」のつづき) 4.新規事業が失敗するケース外資を相手にしてビジネスをしている会社に行くと、必ず出てくるクライアント名がありま……

続きを見る

2011年02月18日 購買サイクルマーケティング その1 不況でモノが売れない時代と言われてきました。特に住宅関係、宝飾関係、自動車、旅行、そしてファッション関係といった、いわゆる贅沢品、付加価値商品といったものの消費が長らく低迷してきました。それが……

続きを見る

2011年02月15日 伊勢丹メンズ館からブランディングを考える さて、今回は「伊勢丹メンズ館」から感じたことを中心に今後の企業のあるべき姿についてお伝えしたいと思います。 皆さんも一度は足を運んだことがあるとは思いますが、私も2年ぶりに足を運んでみました。……

続きを見る

2011年02月14日 団塊ジュニアの購買意欲を刺激!? 高級ブランド「ディフュージョンライン戦略」の正体 (後編) (前編の続き)◆超高級ブランドも続々投入! ディフュージョンラインが盛り上がってきている理由 では、なぜディフュージョンラインがここにきて盛り上がっているのでしょうか。 まずはファッションブラ……

続きを見る

2011年02月14日 団塊ジュニアの購買意欲を刺激!? 高級ブランド「ディフュージョンライン戦略」の正体 (前編) 先日、あるファッション誌の取材で「ディフュージョンライン」について話をする機会がありました。 最近、巷ではディフュージョンラインがブームになっています。特にファッションの世界では、ディフュージ……

続きを見る

2011年02月07日 人材をキーワードにブランディングをしている企業-1 1.ビズリーチがグルーポンを始めた狙い先日は一人で1億円以上の粗利を稼ぐヘッドハンターの方とお会いしました。初めてヘッドハンターという職業の方と、じっくり話しましたが、一匹狼的な人種で、面白い……

続きを見る

前の60件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ