ブランディングとは

私たちの考えるブランディング戦略の基本方針は以下の通りです。
  • 私たちは派手なブランドを作りたいわけではありません。
  • 私たちは地味だけどいいモノを作っている、または作りたい企業のお手伝いをしたいと思っています。
  • 私たちは売上だけではなく、企業として「いい会社づくりをしたい」と考える企業のブランド戦略を策定したいと考えます。
  • 「いい会社」とはそこで働く社員が「誇りを持てる会社づくり」のことです。
  • その結果として、きちんと利益を出せるブランド戦略が大切です。
  • ブランド戦略のKFSは、理解されたい、愛されたい、好きになってもらいたい。これが本質。
    ブランドというものは商品をより多く売場に陳列してもらうためのものでも、より売上を高く上げていくものでもありません。
    自分の会社のことを理解してもらうことこそが本質であることを忘れてはいけません。
いかがでしょうか?私たちは、これらをブランディング戦略の根底にあるものと考えています。
また、私たちは「永続する企業ブランド戦略」として5つのポイントをおさえたブランディング戦略プロジェクトを実行することによって、確実にブランドを定着させる為の活動を進めてまいります。
次は、この5つのポイントをご紹介いたします。
ブランディング戦略の5つのポイントと特徴
ブランディング戦略の基本方針に併せて必要なブランディング戦略の5つのポイントは以下の通りです。
  1. その企業の哲学、思いが、端的で単純で誰にでも分かるものであること
  2. その言葉を選んだ背景や理由などが説明されていること
  3. その言葉の意味を社員が理解し、好きになって、お客様にそれが伝わった時にお客様はその企業を愛する
  4. その結果、お客様の共感が生まれ、あなたの会社の商品をお客様は購入する
  5. それが口コミで広がり、企業ブランドが作られる
       
また私たちは、特に中小企業のブランディングに力を入れています。これからグレートカンパニーを目指そうという企業にとって、何をビジョンとして掲げ、どのような会社になりたいかを丁寧に戦略にまとめあげていくお手伝いをしています。
私たちの特徴は一言で言って、「結果として業績向上に結びつくブランド戦略策定をする」ことにあります。
目的は業績向上ではなく、永続する企業ブランドづくりにおいています。しかし、そうなるためには、ある程度の業績向上を実現しなくては、永続性はありません。
したがって、そこに船井流の業績向上ノウハウを注入していきます。
こうしたノウハウをブランディングのなかでまとめあげることが私たちの強みです。
あくまでも目的は、「企業の永続性を実現させるため」です。即時業績向上だけを狙ってやるわけではありません。しかし、こうした一つ一つの小さな取り組みが、大きな一歩へとつながるのです。だから大切にしています。
永続性は一気に作られるわけではありません。だからこそ、毎日の小さな積み重ねを大切にしていきます。
小さな積み重ねのできる会社をつくること。
これこそが私たちのめざすブランディングの姿と言えるかもしれません。
次に、私たちがブランディング戦略を実施する際の、プロジェクトフローをご紹介いたします。

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ