ブランディングとは

企業の戦略づくりにおいて、ブランディングが今ほど大切な時はないのではないかと私共では考えております。世の中がこれだけ激変し、お客様の価値観が大転換しており、そして企業の不祥事や、企業をとりまく環境も激変しています。
このような中で消費者であるお客様は、今まで以上に「安心・信頼」できる企業からモノを購入したいという欲求が高まっています。
そうなりますと、安心できない、信頼できそうもない企業からは商品やサービスを購入することはなくなり、安心できそうだ、信頼できそうだと感じる企業からモノを購入することになります。つまり、お客様が購入する企業といくら宣伝されても購入したくない企業とに二分されるということです。
企業としては、お客様から選ばれる企業にならなくてはいけません。だから、ブランディングが必要なのです。企業としての「証」、信頼できるバックボーン、背骨のようなものが大切になります。
A社とB社お客様はどちらを選ぶのか?安心と信頼のあるA社か、宣伝が多く目立つB社なのか?
私たちはそれを「お客様との約束」と呼んでいます。
お客様と何を約束できるか。
それを明らかにすることが必要なのです。
私たちの考えるブランドとは
案するブランディングの定義は非常にシンプルです。
それは、前頁でお話した通り、企業としての「証」、信頼できるバックボーン、背骨のようなものと同じ、
ブランドとは、「お客様との約束」であると考えています。
ブランドとは、単なる企業、単なる製品ではなく、そこに付加価値をもたらすものです。付加価値はその企業、商品の実態に基づいて作られます。
したがって、ブランドを創ると言うと、身の丈以上のものや何かすごい衣装を身にまとうようなことをイメージされるかもしれません。
私達はブランディングとは、企業や商品の実情に合ったものでなければならないと考えます。
その企業や商品のリアルな「事実」こそが大切であり、あくまでもその事実に基づいて創られるのがブランドです。
では、ブランドを創り出すにはどうすれば良いでしょうか?

会員登録はこちら

会員登録する(無料)

会員登録すると、

  • 業界最新情報満載の
    コンサルティングレポートの閲覧
  • メールマガジン無料配信登録

などの特典がございます。

facebookページはこちら
岩崎剛幸のブログ
大嶽広展のブログ